1月 29 2019

【大学入試改革】

名古屋の受験マスター☆百々正浩です。(^^)

紆余曲折、なかなか決まらない大学入試制度改革。

現小6、小5の子達は、現行制度と新課程の変更期の安定しない環境での学習を求められます。

どういう制度になっても良いように、学ぶ為の基本姿勢と考え抜く力を身につけておきたいですね!

あと、きちんと身になる英語を小学校の時にやっておく事は、大事だと思います!

50523404_2196838963670052_2814056061168779264_n

50492076_2196838977003384_194446157471023104_n

身につく英語とは何でしょうか?

アローは、学習塾です。

学校での成績アップをすることで、子ども達に自分の可能性に気付いてもらい、未来のやりたいことに全力で迎えるようにサポートしています。

ですから、アローでいう身につく英語は、「学校で使える英語」ということになります。

学校で使える英語に必須なのは、「書く」ということです。

もちろん、四技能の「聞く」「話す」「書く」「読む」のすべてが大事ではあります。

しかし、いわゆる英会話では、「聞く」「話す」がメインとなり「書く」を疎かにしている場合があるのではないかと思っています。

そうではなくて、「聞いて、発話して、書きとる」をしっかりと1セットで英語の学習だよ~っと小学校の時から定着させていきたいと考えています。

 

平仮名でも、カタカナでも、漢字でも、、書き取りしないことなんてないですもんね。

 

そうして、習慣化されていると、中学からの「書く」中心のテストでも力が発揮できて、得意、好きになり、学び続けることで、結果として「身になる英語」になると考えています。

 

小学生低学年には、アローでも導入している「レプトン」のシステムがお勧めですよ♪

今なら、春の入会キャンペーンもありますので、気軽にお問合せください!

 

それでは、今日もたくさんの幸せに気付けますように・・・♪ニコニコ

※新入塾の申し込みは、時間等の調整が必要ですので、お早めにご相談ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北陵中学区、志賀中学区、八王子中学区の皆様

学習面で困ったことがあれば、気軽にご連絡ください。

他地域の皆様、

 

地下鉄を利用する子なら、誰でも通えますので、気軽にご相談を!!

 

(※今も春日井、千種区、西区など遠方からの通塾生は多いです。)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アローの個別指導は、

 

『全く手も足もでない問題や全く知らない新しい問題』を授業で指導します。

『一度、解いたことのある問題や英単語、理社の一問一答』などを自習で生徒が行います。

 

 

受験前は、過去問などを自習時間に解いて、授業で解説を行います。

 

限られた時間の中で、成果を最大にする為にそういった形式を取っています。

 

 

もし、個別指導塾を探している方や、通っている方は、

 

 

『授業ばかりを勧める塾』 には、注意した方がいいと思います。

『自分で考え、自分で学ぶ機会をちゃんと確保しているかどうか?』

 

『その重要性に気づいているかどうか?』

 

 

そういった視点もしっかりと持って、塾を選択すると良いと思います。

 

 

 

今は何位でしょう???

にほんブログ村 子育てブログへ

いつも応援ありがとうございます♪(^^)

 

 

ペタしてね

気軽にペタッっと。お待ちしています♪(^^)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

◆名古屋市北区黒川本通2-21-1

メゾン・ド・ヴァンヴェール1F東(黒川駅徒歩1分)

◆TEL 052-917-1871 ※興味がある方は、お気軽にご相談ください。
◆メールで相談したい方は、こちらからどうぞ!!

 

本このブログの読者になる 本


0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

« »

無料体験申込み