5月 27 2010

マンガ学習法【2】

百々正浩☆名古屋のイクメンNLPマスターです。ニコニコ

今回は、マンガ学習法について。。

前回は古文についての教材などについてお伝えしました。

前回の記事はこちら

ところで、皆さんはマンガで学ぶことについてどう思いますか?



いろいろな意見があると思うのですが、


僕自身はとてもいいのではないか?と思っています。



どういう点で良いかというと、


『学習の敷居がとても低く感じる』という点が一番のメリットに感じます。



何事も、最初が一番きついものです。


筋トレなどをし始めた時


自転車の最初のひとこぎ


自動車の最初のスタート


そして、勉強しはじめ。。


すべて、最初が一番きついのです。


そう考えると、最初の導入の段階での負荷を少しでも減らして、学習に取り組んでいくことも大切なのではないかと思うのです。

『なんだ簡単じゃん!!』

    ↓

『もう少しやってみようか』

    ↓

『意外とできるな』

    ↓

『俺ってやればできるんだ!!』


そんな風に自己イメージを高めていって、いろいろな学びに?がっていけばいいですよね。。

僕の例で話をしますと、

小学5年生の時に、歴史マンガが好きだったんですね。

興味のある人物の話(真田とか、伊達とか)から読み始めていって、

ほとんど全巻読破しました。

その後、小6で歴史を学ぶんですが、全て分かるんですね。

そして、意外と勉強できるかも?って思うようになって、少しずつ学習を始めていきました。

もちろん、歴史についてです。

毎日1ページ、好きなことを学んでいくということを1年しました。

やりたいと思うところから初めていったということですね。

そして、算数や理科についても同様に学習していきました。

できることからやる。


やりたいと思えることからやる。


自分の意志でやる。

多くても、2ページくらいの積み重ねでした。

これだけのことですが、それまで3だった社会の評価が、

次の学期になると5になり、他の科目もそれに比例するかのように上がりました。

『なんだ簡単じゃん!!』

    ↓

『もう少しやってみようか』

    ↓

『意外とできるな』

    ↓

『俺ってやればできるんだ!!』


人の能力なんて、何がきっかけで花開くかわかりません。

ただ、

最初の負荷を減らしてあげる助けになるのであれば、僕は、マンガでもなんでも使って指導していきます。

手段ではなく、望ましい未来を達成することに重きをおいて指導する。

そんな、教育者でありつづけたいと思います。

だいぶ、アツい文になりました。ニコニコ

お付き合いいただきまして、ありがとうございます♪♪


0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

« »

無料体験申込み