6月 22 2012

再考されています(^^)

みなさんご存じ、『生類憐みの令』(^^)

江戸時代に、5代将軍徳川綱吉がだしたもので、『悪法』の代表とされてきました(^^)

しかし、今では見直しが進んでいます(^^)

『犬の愛護』については、江戸及び周辺で推進されたものでした(^^)

これは、この地域に食犬の風習があったり、野犬の害が多かったからとされています(^^)

全国的には、牛馬を捨てることの禁止が重視されたとのことです(^^)

この政策は、戦国時代の悪しき習慣を儒教・仏教により払拭しようと行われた、と今は考えられています(^^)

by 種


0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

« »

無料体験申込み