11月 15 2011

奈良 寺めぐり

奈良の薬師寺と唐招提寺にいってきました(^^)

薬師寺は修復や復興がすすんでおり、当時の装飾がなされて色彩鮮やかで、『創建当時の雰囲気はこんな感じだったのか』というのを感じることができます(^^)

当時から残る『東塔』と、昭和56年に453年ぶりに当時の様式に復興された『西塔』との対照は、とても楽しめるものです(^^)

薬師寺といえば、わすれてならない『吉祥天画像』も観ることができました(^^)当日が公開最終日で間に合いました(^^)

春と秋に公開されますので、是非どうぞ(^^)

唐招提寺までは、薬師寺から歩いて行ける距離です(^^)

こちらも大修理などがすすみ、きれいな落ち着いたたたずまいです(^^)

金堂や講堂、『校倉造(あぜくらつくり)』の宝蔵や経蔵がならぶ境内は、奈良時代の雰囲気を強く感じさせてくれますよ(^^)

唐招提寺は国宝の多さに驚きました(^^)

最近できて気になっていた『東大寺ミュージアム』にも行くことができました(^^)

当日は19時まで観ることができたのが幸いでした(正倉院展開催中のためです)(^^)

ミュージアムには、現在修理中の『東大寺法華堂(とうだいじほっけどう)』の本尊『不空羂索観音像(ふくうけんじゃくかんのんぞう)』と『日光菩薩』『月光菩薩(がっこうぼさつ)』が移されて拝観できます(^^)

間近で拝観でき、雰囲気や造りをよく観て感じることができます(^^)

東大寺ミュージアムは、とてもよかったです(^^)ぜひオススメします(^^)

南大門のすぐそばにあるので、わかりやすいですよ(^^)

奈良も、何回もいく楽しみがありますよ(^^)

一度行かれた方も、またぜひどうぞ(^^)

ではまた(^^)

by 種


0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

« »

無料体験申込み