9月 14 2011

天満宮

今回は『天満宮』のお話を(^^)

『天満宮』は、『菅原道真(すがわらのみちざね)』を祭神とする神社のことです(^^)

『てんまんぐう』と読みますが、『てんまぐう』とも、また、天満神社、天神社、菅原神社、菅原天神社などというところもあります(^^)

『天満』とは、道真におくられた神号『天満大自在天神(てんまんだいじざいてんじん)』からきています(^^)

道真は大宰府に左遷されましたが、死後しきりに京都に天災がおこり、人々は道真の怨霊のたたりだといいました(^^)

そこで、鎮魂のために道真の霊をまつり、神殿を建てたのが今の『北野天満宮』です(^^)

天満宮の『梅鉢紋』は、道真が梅を愛していたことからです(^^)

大宰府に流されるときに詠んだ、

『東風吹かば にほひおこせよ 梅の花

主なしとて 春を忘るな』

という歌もありますよね(^^)

ちなみに、天の神は『天神』ですが、地の神は?(^^)

『地祇(ちぎ)』といいます(^^)初めて知りました(^^)

ではまた(^^)

by 種


0コメント

Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

« »

無料体験申込み